鬱日記。見るべからず。絵なんか描いてました。
AboutDiaryP+DiaryGalleryLinkRSS|clapping_35.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ささやかな期待
そんな小さな事が
なんだかもうめんどくさい
なんやろね
  1. 2009/07/21(火) 10:59:33|
  2. Diary|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひぃ

右足の小指が。

あれです。

爪がもげた。
  1. 2009/07/20(月) 20:01:29|
  2. Diary|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あー

なるほどなぁ。
離れて行ってしまうような、不思議な感覚。
こわいなぁ。

以前、ある親友がこういう感覚に襲われるって言っていたけど、
聞いたときは漠然としか分からなかった。
けれど、実感してみて初めてその恐怖を知った。

こりゃ、こええ。

このまま変わらずにいると、首は徐々に絞められて、いつか窒息しちゃうんだろうな。

電線の 影を縫って 綱渡り 影は続く 影だけが続く
  1. 2009/07/19(日) 09:55:33|
  2. Diary|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

氷結の街

思い出をその砦に閉じ込めた。

いつまでも失わないようにと、願いを込めて。

思い出も、時間も、

全て氷の中に閉じ込めた。

動き出す事の無いようにと。


  1. 2009/07/13(月) 14:54:10|
  2. Diary|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。